忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 04:17 】 |
遺産相続における相続人の調査と、除籍謄本や戸籍謄本取り寄せ
遺産相続の前提としてまずやらなければならない作業が、相続人の調査です。
相続人とは、法定相続人の調査を意味します。
この相続人というのは、法で決められているものなので、除籍謄本や戸籍謄本を取り寄せして、その内容から法定相続人が誰になるのかを判断していくことになります。
間違っても遺族間での話し合いで、法定相続人が決定されるものではありません。
かならず、被相続人の原戸籍・除籍謄本・戸籍謄本取り寄せ、それらの内容確認によって法定相続人は判断されるものです。
相続人が決定し、相続人間での話し合いがまとまってやっと遺産相続の手続きに入っていくことになるのです。
PR
【2011/09/10 10:15 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<遺産相続の手続きには、どんなものがあるの? | ホーム | 改製原戸籍とは (2)>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>