忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/22 04:14 】 |
遺言書の検認について その2
封のされている遺言書が残されていた場合は、封を勝手に開けてはいけません。罰則もあるようですので、きちんと家庭裁判所での検認の時まで封を開けずに保管しなければなりません。では、どこの家庭裁判所に遺言書があることを伝えたら良いかですが、被相続人の亡くなった時の住所地を管轄する家庭裁判所に、遺言書の検認申立をするのが通常です。その検認申立書と共に、被相続人の出生からの除籍謄本と改正原戸籍と戸籍謄本、法定相続人全員の戸籍謄本と附票を添付して遺言書の検認を申立ます。検認がおわり、検認済みの印の押された遺言書でなければ、その後の遺産相続の手続きを遺言書を使って進めることが通常はできないからです。
相互リンク.com
PR
【2013/08/19 22:26 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0)
<<相続で必要とされている戸籍謄本と原戸籍と除籍謄本とは?法定相続人との関連性! | ホーム | 遺言書の検認について>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














<<前ページ | ホーム | 次ページ>>